<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヘヴィ。

血縁者周りのいざこざで相当ヘヴィな状態に巻き込まれております。
正直逃げ出したいくらい重い問題なんだけど、そういうわけにもいかず。
まぁ愚痴ってみたところで何も解決はしないから、結局は私が出来うる限りの努力をして現状を打破していかなければならないのだけども。
一体なんでこんな状態になっちゃったのかねぇ・・・
そろそろ胃に穴が開きそうですよ(-_-)
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-27 20:55 | 雑記

早速やってみる。

bちゃん提供のネタに早速乗っかってみた。
結果は以下の通りです。

--------------------------------------------------------------------------------
性衝動 --タイプ
社会への人間愛と、献身的傾向が一致した文化愛好型。
性欲が昇華されて人間愛となっているが、献身的欲求があまりにも強くなると、
攻撃性が抑圧を破ってあらわれ、おとなしく見えても激しい行動に走ることもある。

発作衝動 +0タイプ

潔癖で罪の意識を強く持つ良心呵責型。
悪意や自己顕示を嫌って、常に良心の声を聞こうと努める。
極端な場合は、動物、広場、密室などへの恐怖症となる。

自我衝動 0-タイプ

ものや観念と自分の区別がつかない同一視型。
自分のすべてを相手やものに投げかけることで満足する。
極端な場合は被害妄想となる。オカルト、神秘主義などを好む。

接触衝動 +*タイプ

失った対象に未練があるが、それを再び求めようとしない離反憂うつ型。
現実にはないまぼろしにいつまでもとらわれて、二度と新しい対象を探そうとしない。
いつも失われたものを求めて不幸でメランコリーな人。

--------------------------------------------------------------------------------

・・・・・うーん(-_-;)
よくわかんねーんですがあんま当たってないなこれ。
と自分では思ったわけだが。
人から見たらこんな風に見えてるってことなのかと強制的に納得してみる。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-25 21:31 | 雑記

キムタクドラマ。

いいですな。人気だけで視聴率取っちゃって中身は二の次でもいい人ってのは。
・・・まぁそこまで悪くもないけどもさ。
なんか他の今期のドラマに比べちゃうと明らかに薄いよね。
てかいつものパターンか、みたいな。
だれかキムタク主演でもっと意外性のある脚本かける人はいねーんですかね・・・
もうこのパターン飽きました(´д`)
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-24 01:38 | 雑記

いいもの。

はちみつとクローバー。

4月の頭から始まった深夜アニメですね。
フジがかなり力入れているプロジェクトの一つらしく、開始前から特番組んだりしてて知ってはいたんですがね。
たまたまその放映時間に起きていることが多いものだから見ているわけですけども。
すっっっっっっっっっっっっごい良作品です。
何がすごいってまず作画の丁寧さ。
原作を愛読している人も、原作者も大納得するほどにそのままの絵柄で描かれているし、毎回毎回手を抜いていない。
しかもCGとは違うセル画なのか、絵や彩色がとても柔らかい。
話の面白さもあっていつの間にか毎回見てしまっているんですが。

こうなってくると気になるのは原作。
幸いにも7巻までしか出ていないので大人買いで一気にそろえるという荒業も有りだったのですが、今回はちと堪えておりました。
んでそんな話を姉の家に遊びに行った時にしていたら、実は姉一家は原作を前から読んでいて全部揃っているとのこと。
速攻お願いして全巻借りてきましたよ。
んでも一気に読むのはなんかもったいなく思ってしまったのでじっくりじっくり読んでました。

原作を読んで知ったのですが、アニメはかなりのハイペースで進んでいるのですね。
よく見ていなかっただけなのかもしれませんが、所々端折った部分もありつつ。
まぁそれでもアニメが原作に遜色ない出来だということはよくわかりました。
んでもってやっぱ面白い。
原作の続きがもっそ気になるんだけども、楽しみにしておこうと思います。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-21 21:42 | その他感想

大航海時代微妙に小言。

Lちゃんのブログを見ていれば判ると思いますが、私もそこそこに育っているわけです。
となると行動範囲が広がり、危険海域と言われるPvP可能領域にもちょくちょく行っているわけですが。
ここで問題が一つ。
危険海域では本人の意思如何に問わずPvPが可能であると言う事実。
つまり何の準備もなしに突然PCから襲われることがあるわけです。
まぁ航海をメインにしたゲームである以上、私掠海賊を生業とする方が居るのも解りますし、そこを否定するつもりもないんですが。

現状のPvPシステム(と言うか私掠行為)が、襲われる側が圧倒的に不利なのがなんともむかつくわけです。
ゲーム中登場できる船は大きく分けて2種類。
風を利用して航海する帆線型と、人力の操漕で航海するガレー型。
私やLちゃんのような海事系職業ではない人は、船倉や長距離航行の性能面から帆船を愛用する傾向にあるわけです。
んでもって海事系職業の人は戦闘力に特化したガレーを愛用するのが一般的。

ここで質問。
船員数、スタートダッシュ、砲撃の威力に優れる大型ガレー船と、一般的な帆船ではどちらが強いでしょうか?
聞くまでもありません。ガレーですな。
んでもって私掠海賊が愛用するのはどっちでしょう?
これも聞くまでもなくガレー船。

基本的に戦闘に突入した際と戦闘終了後に一番重要なのは如何に早く動けるか。
万が一襲われたと仮定し、上手く逃げたとします。
けどもその初期移動力の差でまたすぐさま襲われて以下ループ。
戦闘終了後の無敵時間が切れる頃には追いつかれて襲われての繰り返しです。
つまり襲われる側は沈められるかエリアを切り替えられるまで延々追いかけられる。
・・・まぁ相手が粘着君だったらの場合ですが。
しかも船のランクと積んでいる砲台の性能差により、大型船には大型船以外では張り合えないという現状があります。

現状の大半の私掠海賊やっている人は自分は大型船、襲う相手は中型船以下でという暗黙のルールが存在しています。
これすなわち埋めがたい戦力差と追う側有利なシステムを逆手にとってすき放題暴れているわけですよ。
まぁこういった輩の大半が戦闘慣れしていなくて簡単に逃げられるからまだ救いようがあるものの、ペナルティの低さから私掠海賊転向するプレイヤーは後を絶ちません。
東地中海やアフリカ北西部といった、初期海域のすぐ隣で暴れまわる素人私掠海賊の皆様のおかげでずいぶんと航海しにくくなりました。

私掠海賊禁止とかはいいませんよ。けども襲われる側にももうちょっと救済余地のあるシステムに改築してもらいたいものです。
もしくは私掠行為に対するペナルティをもっと厳しい物にして下せーな。
インド方面まで行くようになれば危険なのは重々承知。てかむしろそうでなくては面白くないけどもさ。
せめて初期海域付近位はのんびりと航海して遊べるようにして欲しいもんです。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-18 02:29 | ゲームとか

FFVII AC。

発売日決定しましたね。
日米同時発売ですか。
買うのかって?もちろん買いますよ。ティファかわいーもん(そこかyp
XII?それももちろん買いますよ。FFは全て手を出す方向だし。
DoC?多分買いますよ。今のところ微妙なラインですけど。

FFXIである意味こてんぱんになるほど期待を裏切られ続け、オンゲーに対する夢も希望も失いかけましたけどさ、そりゃ。
過去の名作の数々を送り出してきた会社をまだどこかで信じたいのかもしれないですな。
淡い期待とともにさ。

FFVII ACに関しては、映画で大失態晒した経歴があるものの、CGムービーの製作能力に関しては抜きん出たものがあるのは事実なわけで。
それらの技術力を持って人気作品のキャラを使って作成されるとなれば多少なりとも期待してしまうではないか。
今週のジャンプでメインキャラの声優も公開されていたけど誰がどの声なのかさっぱりワカリマセンでしたけどね。
ちら見だけでいいからダイジェストみたいなの公開してくれないもんかと思ったり思わなかったり。

ということで目下9月の発売日を楽しみに待つ日々です。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-17 00:41 | ゲームとか

あはは~♪

朝6時ごろまで大航海時代をやっていて、起きてみたら夜10時過ぎていて「あいくるしい」を見逃しちゃってがっくりきているけど久々に嫌になるほど寝て気分はさっぱりのダメ人間候補生、nosですはれるーや。

なーんか最近はブログに書くことが思いつかず、筆が進みませんが。
そんななかで気になったことを箇条書き。

・JR各社、事故後の嫌がらせ件数が150件突破。
もうね。馬鹿じゃねーのかと。そりゃ色々言いたいことはあるだろうが便乗した形でこういうことするのってサイテーですな。

・オンラインゲーム経営会社に対する苦情、440件を超える。
1社に対してこれだけの苦情が出ることはまれとのことですが、その会社って某■eなんじゃねーの?と思ったのは私だけではあるまいw

・海外警備会社勤務の斉藤さん、襲撃後に人質に取られ安否不明。
こういった実際の戦場に赴く傭兵部隊の中に日本人がいることがクローズアップされた事件ですな。
昔、侍魂で本物の傭兵の方にインタビューしてる記事があって読んでいたので、知識としては知っていましたけども。

・XBOX360発表。次世代PSも年内に発表か?
ゲーム業界が動き激しいですな。まぁ面白いもの作ってくれればそれでいいのですが。

他にもなんかあったような気もするが忘れた(ぇ
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-15 23:50 | 雑記

なんでだろうね。

既に全部見終わってるし、いつでも見返せる状態にあるというのに地上波版攻殻2ndみちゃってます。
ていうかやっぱ何度見ても面白いね!
まぁ作画は回によって若干のばらつきあったりするけどもさ。
結末を知っているだけにゴウダの憎ったらしさが目に付きまくり。
まだ序盤だから、今はあちこちに種をばら撒いてる状態なんだけど、まだ結末を知らない人はこのばら撒かれた種がどう育って結末に絡んでいくのか楽しみにしといてください。

んで攻殻はそのメディアごとにOP・EDを変えているようなんですが、地上波版のダサさは一体なんなんでしょう。
絵はともかく歌が・・・
EDは予告もかねてるからほんとに一瞬だし。
スカパー版のかっこよさを引き継いで欲しかったなぁ・・と切に思います。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-11 02:07 | その他感想

ぬーん。

FFログインして長時間遊んでました。
普通に経験値稼ぎをしたのはほんとに久しぶり。
・・・・まぁソロですけどね。
当然のごとく勘なんて鈍ってるし動きもギクシャクしてましたけどさ。
のほほーんとやってるうちに戦士27→28になりました。

久しぶりに入って、普通に経験値稼いで思ったこと。
このゲームは戦闘が全てなのだということ。
つまり戦闘を放棄してしまうともう先には進めない。
戦闘飽きたから別のことを。ってのは出来なくはない。
けど結局それも今までの戦闘経験が有った上で成り立つことで、最初っから戦闘行為を放棄していたらそんな選択肢すら生まれない。
合成して生活しようにも敵を倒すのが基本。
フィールド素材を集めるならそのエリアで敵に絡まれないレベルが必要になる。
お金を稼ぐのも敵を倒すことから始まるものが多いし。
何をしようとしても結局は戦闘行為に行き着く。

・・そうか。そんな世界が嫌だから私は真面目に戻る気がなくなってしまったのだな。
戦闘行為そのものを否定する気はないけども、突き詰めていった結果が今の効率至上主義だったというならそんなものは願い下げだ。
もっと気楽に、楽しむ余裕があるほうがいいのに。
プレイ時間に比例して優位に立つ者が出来てしまうシステムそのものはどうでもいいんですけどね。
もとから人と競争したくてやってるわけじゃないしさ。
融通の利かないこの状態が多分私には合わないのでしょうな。

とまぁ、自分にとってあまり魅力的な場所ではなくなってしまったものの、まだ解約する気はないですよ。
たまに舞い戻って自分のペースで過ごしている間はストレスもあまり感じてないしね。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-08 23:43 | ゲームとか

ということで。

いってきました。映画を見に。

「交渉人 真下正義」
踊る~シリーズの外伝?じゃねーな。なんて言うんでしたっけ、こういうの。
まぁその話は置いといて。
踊る~シリーズは最初のTVシリーズから大嵌りして見ているので、この映画も当然外すわけには行きますまい。
それでも期待感がとても大きかったわけでもなく、まぁいたって普通の心境ですが。

肝心の映画のほうは、前回の映画で警視庁初の交渉人となった真下警部のお話ですな。
映画のタイトルからも判るとおり、彼の交渉人としての仕事っぷりをクローズアップしている内容です。
あまりネタバレになってしまうのもあれなんで詳しくは書きません。
感想としては「まぁ楽しかったなぁ」といったところでしょうか。
エンターテイメント映画としての完成度はそこそこいい線なのではないでしょうかね。
真面目に考察しちゃうと突っ込みどころはそこかしこにあるのですが、そういったことを抜きにして見るべきなんでしょうね。
上映時間2時間ちょっと。
そこかしこにちりばめられた小粒の笑い。見終わったあとの安心感。
個人的には十分楽しめたのでよしとします。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-07 22:09 | その他感想