<   2004年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

こういうのが。

先日アニメ版「BLEACH」の酷評を書いたわけですけども。
あれだけ文句を言うからにはちゃんとこうあって欲しかったって思うアニメがあるわけですよ。
Monster とか。KURAUとか。御伽草子とか。

どれも作画は安定してるし、脇も含めたキャラクターがちゃんと描かれているし、原作ものに関しては破綻したオリジナルな展開も無く忠実に映像化されているわけですよ。
どれも深夜枠で見ている人が少なそうなのが問題といえば問題だけどもw

Monster に関していえば、アニメを見た後どうしても原作が読みたくなり大人買いで全巻揃えて一気に読み上げたわけですが。
もうね、原作ありきのアニメ化物としては傑作としかいいようがないです_| ̄|〇
作品の印象を最大限考慮したサントラとテーマ曲。
展開は原作をそのままに、むしろ原作で省かれているシーンを追加する形の脚色。
声優人も突飛な抜擢とか無く、安定した演技力を中心に選抜。
これのどこに文句がつけられるというのか。
原作のファンが望む最高の形での映像化が実現されている数少ない作品ではないでしょうか。

御伽草子はアニメのみの作品らしいけど、Production I.Gの名前は伊達じゃないっすね。
絵は癖があって好き嫌いわかれそうだけど、話の構成とかはやっぱ面白いです。
キャラ立ちもしてるし、全話を通して話が完成するこの手の手法は嫌いじゃないです。

KURAUは別に見たくて見始めたわけじゃないし、原作あるらしいけどそれも良く知りません。
たまたま新番組だった時に見始めてそのまま惰性で見ているんですが。
設定とか細かいことの説明がないまま物語は始まり、なんか視聴者を突き放してるよなーとか思ってたんですが説明しなかったのはそれが狙いだったのですね。
話が進むごとに背景が見え始め、徐々に面白くなってくる展開がいいかんじ。
これまた絵が癖あるけども作画が乱れることも無く、初回からほぼ変わらぬ絵柄のまま折り返し地点突破しました。

つまりは何がいいたいのかというとですよ。
バンダイと組んで商業主義に走るのが悪いとはいいませんよ。
アニメ化決定と同時にゲーム化発表とか、もう明らかに小学生狙いの展開はどうなんですかね。
ジャンプ連載漫画だからファンの主体が低年齢層だろうとか思い込むのはどうかと思うわけですが。
これが作者完全同意の上なら素直にあきらめますけども・・・・
なんかそうでもないっぽいのはキノセイデスか?
ジャンプのあとがきでもアニメ全体について一度も褒められてないように見受けられるのですが。
るろ剣アニメ化のときに和月さんも言ってましたが、アニメ製作サイドの事って作者に伝わってないらしいですね。
おめー、これもし久保さん了承の上での暴走じゃねーとしたらどうするつもりなんだ?
ジャンプで人気がある→商売的においしい→とりあえず映像権とキャラ使用権貰って手っ取り早く儲けよう。
こんな図式が見えてくるのですが。
能力のないあほな製作者の財布暖めるためだけにBLEACH選んで、その上原作の従来からのファンを侮辱するようなメディア展開させておいて、いらなくなったら捨てるつもりですか。

そんな糞みたいな考えでやってるならやめちまえ(´_ゝ`)
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-31 15:14 | その他感想

マッキー。

改めて思うことなんですが、マッキーはすごい。
もうデビューして10年近い中堅どころだし、数々のヒット曲のおかげで認知度もずば抜けて高いし。
なのに彼は昔も今も「心」を大事にした曲作りの姿勢を変えることはない。
男性ミュージシャンにしては珍しいタイプのストレートな暖かい詩を描く人でもあるし。
なにより、デビュー当時に作った曲も、最近創られた曲も古めかしい部分が殆ど感じられないところがすごい。
そういった曲を作る人は他にも居るわけですけども、とても少ないと思うわけです。
時代を超えて支持される、未来へ残る曲を作るのが目標だと言っていますが、もう既に実現出来ているのではないか。そんな風にも思えます。
「どんなときも。」「世界に一つだけの花」etc・・・
どれも一度は耳にしたことがあり、誰でも知っている曲ばかりです。
これらの曲に不快な思いを抱く人がいるのでしょうか?居るというなら会ってみたいものです。
力強く励ますわけでもなく、高見から何かを諭しているわけでもなく。
ただそっと隣で見守っていてくれている、そんな優しさにあふれた曲だと思います。

過去に色々と事件があって一時期は音楽から離れていたものの、ここ最近は安定した活動を続けているのがうれしい限りです。
これからも末永く世に名曲の数々を送り出して欲しいとおもいます。

・・・・・けどあの根っからのお笑いキャラは何とかならないものか。
それも含めて大好きなんだけどさ(=´∇`=)
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-29 20:48 | 音楽とか

たまには自炊。

両親が揃ってお米の買出しに遠方に出かけたので、久しぶりに自炊をしてみますた。
まぁ普段休日とかも食べるものなければさくっと何か作って食べているので自炊と言うか料理することに抵抗はないわけで。むしろ好きなほうかも。

ご飯は炊いてあった(冷や飯となっていた)ので、何かおかずを作ればいいだけだったので、冷蔵庫と冷凍庫をあさってみる。
手っ取り早く使えそうなたまねぎ半分とニンジン(小)1本と、冷凍庫から豚バラを発掘。
ポールトマトの缶詰と常備してあるツナ缶を引っ張り出し、これで何とかすることに。
白身の魚とかもあったんだけど、何せ大きくて焼くのが面倒っぽく。切るにも中途半端な大きさなのでこっちは放置の方向で。
肉と野菜を適当に細かく切って、オリーブオイルをしいてフライパンでじっくり炒め、野菜の色が変わったところで肉投入。
しっかり火が通ったところに野菜ジュースをぶちこみ、カレーのルゥをひとかけら入れてしっかり混ぜる。
ルゥが溶けて具材に万遍なくしみた頃にポールトマト登場。
弱火でコトコト煮込みながらトマトを潰して具の大きさを揃えつつ、ケチャップと野菜ジュース、カレーのルゥを投入。
焦げ付かないように時々かき混ぜつつ、しばらく煮込んで、ツナ缶をあえる。
一煮込みしたらご飯にかけて偽カレーの出来上がり。
味を調えるのが面倒なのでルゥや野菜ジュースを使ったわけですが、なかなか美味に出来上がりますた。
実はご飯にかけなくてもシチュー的な食べ方でも良かったりしたんですが、お上品に別の皿に分けて食べなくてもいいかと思いカレー的食べ方になったわけです。
洗い物も減るし一石二鳥ってことで。
自分で作る時なんてそんなもんですよ(ぉ
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-26 20:15 | 雑記

なぜ揺れに鈍感なのか。

震度5の地震にも大してびびることも無く、普通にゲームをしていたのは訳がありまして。
私の部屋が構造上とても揺れやすいため、普段から揺れることに対して免疫があるため気持ちに余裕があるというか油断しているというか。
んでどんな構造なのかというと→円
まさにこんな感じなんですよ。
コンクリの基礎に3面壁を張って二階建てにしてあって、上に部屋があるだけの掘っ立て小屋w
つまり1階部分は「空洞」なんですね。
柱と壁があるっていっても最低限なので強度とかは考えてません(ぉ
多少の補強はしてあるけど、1階部分が車庫になっている都合上それほどしっかりした補強でもないわけで。
どのくらい揺れやすいかというと、部屋の中で体を少し派手にゆするとやんわり揺れますし、外壁を手で押してわっさわっさやるともう震度2クラスの揺れが体感できます。
んなわけで日常的に部屋が揺れる環境にあると、もう多少揺れたくらいじゃ全然驚かないんですよ。
なんとなくやばいかどうかってのも判ってしまうので、安全だと自分が判断できれば何事もないかのように普通に過ごしてしまうわけです。
慣れってのは恐ろしいものですな。

まぁそんな我が部屋も元は人が住むために立てたわけでもなく、物置として立てられたものなので、内壁とかは壁紙すら張ってありませんw
床はさすがに畳が入ってたりしますが、それも後から入れたもの。
防熱材なんて当然使っていないので、夏は暑く冬は寒く。
そんな部屋になんで住んでいるのかといえば、初めは姉がストーカーから逃れるために引っ越してきたのがきっかけでした。
物置用に立てたものの、人が住むとなっては話も変わってきます。
慌てて住居らしく体裁を整え、姉が結婚して実家を出て行くまで数年使っていたわけですよ。
その頃丁度私が社会人になりまして。
母屋の部屋でもよかったんですが、なにかと家にいる時間が不定期だったこともあり離れになっているその部屋を使うことになりました。
そして気がつけば長いことこの部屋に居座っているわけですが。
どうやらそれももうしばらくの間になりそうです。
今、新居を立てる計画が持ち上がっているので、それが実行されれば快適な部屋に引っ越すことになりそうです。
夢のマイルーム実現のためにもここは一つ頑張らねば!と思う次第でございます。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-26 01:10 | 雑記

地震雷火事親父。

その節は方々にご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
夜が明けて大災害っぷりが露呈した新潟地震の影響で、こちらも相当揺れたりなんだしまして。
母屋では飾っていた物が落下したりして大騒ぎでした。
私の部屋はといえば、TVの上に飾っていたガンダムの人形が落ちたくらいであとは特にこれといった被害も出ず。
さすがに震度5ってのは初体験だったんですが、普段からよく揺れる部屋なのでたいした恐怖心も無く「あー、揺れてるねぇ」位にしか思っていなかったんですけども。
部屋がミシミシ音を立ててたり、あまり揺れることのない絵の入った額縁がわっさわっさと揺れてたんだから下手すりゃ家屋倒壊だったわけですが。
この調子だと次におっきな揺れが来たときにそのまま下敷きになっていそうです。
慣れってのはよくないね。
たまたま家に来ていた妹一家とかは大騒ぎだったわけですよ。親もだけど。
私の部屋が潰れるんじゃないかとか、他の兄弟は大丈夫なのか?とか。
のほほーんと部屋でゲームしてたわけですが思いっきり怒られました(´・ω・`)
おめーには危機感ねーのかと。
ぶっちゃけ死ぬときはどうしようもねーんだろうから慌てても仕方ないだろー位の心境だったわけですけどもね。
一応母屋に避難して火の元の確認とか、崩れそうな家具の確認とか、高いところにおいてあるもの下ろしたりとかして1時間ほどプチ避難してました。
結局おさまってはいないものの、避難勧告もなんも出てないしとりあえず大丈夫だろうということで普段の生活に戻ったわけですが。
時々強い揺れは来ているものの、震源地から離れていることもあり問題は無さそうです。
しっかし新潟はひどい有様になってますなぁ・・・・・
台風の影響で緩んだ地盤が災いしてあの惨状になっているようですが。
まだまだ予断を許さない状態ですので、復旧活動や救済活動にいそしむ方々の2次災害に気をつけつつ頑張っていただきたいと思います。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-25 01:10 | 雑記

年末に向けて

大作と呼ばれるゲームがいくつも発売する時期になってまいりました。
個人的に購入予定なのは3本。
誰でも知ってるDQVIII。
セガフリークなら要チェキのシャイニング・ティアーズ。
後はもう完全にとりこにされているACの最新作、ACNB。
ほんとはAC5もやってみたいけど、AC4をまだやったことがないので後回し。

各ソフトの注目点は以下参照。
DQVIII
モンスターを仲間にすることから更に踏み込んだスカウトシステム。
5から追加された「モンスターと共に戦う」という概念をどう進化させているのかが楽しみ。
DQ史上初のスキルポイントによる成長幅の振り分け。
これはどっちかというと遅すぎた感じがしなくもないけども。DQ開発陣がどう消化しているのかが見ものですな。
あとは進化した3D表現w
7が最悪ともいえる出来の悪さだったので、どこまで他メーカーに追いつけたのかが気になります(ぉ

シャイニング・ティアーズ
セガマニアなら誰でも知っている「シャイニング」シリーズの最新作。
過去3系統のソフトが発売され、どれも意欲的な取り組みを見せ、完成度も高かった名作の系譜ですので。
昔からセガのRPGは一癖あるというか独創的なものが多く、メジャーにはない独特の面白さがあったので期待大です。
キャラデやってるTonyさんは実は昔からファンだし。
やっと日の当たる舞台に出てきたよ(;´д⊂)

ACNB
素人を寄せ付けない難易度と難解なシステムが評判のAC(ぉ
けしてそんなこともないのですが、毎度毎度どこかしら調整問題あったりで不評も多いのですが私はこのシリーズ 大 好 き です。
ガノタ的には自分でロボットを組上げ、自ら操縦して戦場を走り回るというのがツボなんでしょうかね。
プレイヤーの性格が如実に反映された機体が組みあがるので、対人戦だとまた面白いわけですが。
白状しますとAC3とAC3SS、ACNはまだ買っていません。
FFXIやMHにはまっててやってる暇なくて後回しにしてました_| ̄|〇
まぁ、ACのいいところはどこから始めても前後のつながりあんま意識しないので気楽にやれるってことですかね。

TGS2004で急遽発表された「絶体絶命都市2」もちょっと楽しみにしてます。
前作をやった人なら判ると思いますが、あのゲーム中に味わう感覚はなんとも独特なもので、癖になりそうです。
ただ避難するだけと言っちゃえばそれまでなんですが、初プレイ時のいつ起きるか判らない災害に怯え、目の前で起こる様々な出来事にどう対処するか瞬時に判断し、先に進むために頭を使う。
バーチャルな大規模避難訓練と言ったら怒られるでしょうがそんな感じ。

オンゲーもちょっと距離置けるようになったのでこの時期にオフゲーをちまちまやっておきたいものですな。
他の趣味?
色々やってるから心配しなくて結構です( ̄。 ̄)y-~~
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-21 23:36 | ゲームとか

イノセンス。

某週刊誌で連載している漫画の対アクマ武器の名称じゃねーです。
映画のほうね。
公開時、なんだかんだで見ることができずDVDになるのをひたすら待っていたわけですが。
スカパー及びDVDで展開しているS.A.Cや2ndとはまるで繋がりのない世界設定でのお話なわけですけども。
映画版の攻殻はもうシリアス一直線だわ難解なストーリだわでとても一般受けするものではありませぬ。
単純に映像の美しさを味わうってのもありでしょうが、ここは一つじっくり腰をすえてこの物語を読み解く方向で楽しんでみませんか?あ、やっぱりイヤデスカソウデスカ。
1度目を見終わった時点の感想としては「気が付いたら終わっていた」ってことでしょうかね。
まぁ引用が多くそれらの意味を理解していかないと話の展開やキャラクターの思考が見えてきにくいので致し方ないのですが。
そういう意味とは別に映像技術の発達に純粋にのめりこんでしまっただけでもあったりしつつ、冷静に観賞していませんでした。
G.I.Sの時もそうだったけど、最初の1回で大まかな提示を見届け、2回目以降の観賞でそれらを自分の中で消化していく過程が出来るので、間を空けずに近いうちにまた見ておこうと思います。

そういえば見ていて少し気になったことが一つだけ。
攻殻に限ったことじゃないんですが、日本アニメの映画ってのは、なんかシアターサラウンド環境で見てると台詞が聞き取りにくく感じるんですが。
G.I.SもそうだったしAKIRAもそうだったし。
これは意図的な音バランスなのか、うちの環境が悪いのか。
どっちにせよはっきり聞き取れるレベルにするためには近所迷惑顧みず大音量にしないといけないのが辛いとこです。

話は変わって。
イノセンスは3種類のパッケージで発売されているのですが私が買ったのはDOG BOX(前にも書いたけども)
確実に手にするためにタワーレコードのネット通販を利用したんですが、なんかおまけにDVDが付いてきますた。
G.I.Sとイノセンスを繋げるための解説とイノセンス観賞後にこの話を読み解くためのヒントが描かれた2編が入ったものなんですが。
これって通常つくものなのでしょうかねぇ・・・
予約したことに浮かれまくってその後何にも調べてないので情報がないんですよ(ぉ
まぁ儲けもんだと思ってほくほくしてるからどうでもいいんですがw
あとメインのおまけだった犬のオルゴール。
ピンときた人も居るでしょうが作中に出てきたあのオルゴールをイメージしたものです。
上に乗っかっているのはバトーの飼っている犬がモチーフですけどね。
こっれまたかなりしっかりしたつくりでおまけの域を超えてる感じがしなくもないです。
普通に部屋に飾ってもいいインテリアになるのではないかと。
あ、オタク的思考で言ってみただけですスイマセン。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-21 00:20 | その他感想

BREACH

もう3回目まで放送されてそろそろ本性見え始めたので軽くいっときましょうかね。
まぁ放送開始前からテレ東系列放送だとかスタジオピエロ製作だとか、名前先行の声優割り当てだとか気になるところは多々あったわけですが。
ものの見事に的中ですよ_| ̄|〇
初回から大幅に話をいじり倒してくれましたおかげでもう原作と別物に成り下がってますよ奥さん!
虚(ホロウ)に対する説明とか、おめー勝手に変えてんじゃねーよ。
なんで現世に出現してからワープ能力とか発揮しちゃってるの?
虚(ホロウ)が潜んでる空間の解釈ってあんなんでいいんだっけ?
そもそも虚(ホロウ)同士の上下関係が明かされるのはもっと先の話だろうが。
しかも原作じゃまだそのあたり伏せてるよな確か。
織姫が幼少時代髪の毛長かったのは決め打ちだっての。勝手にかえんじゃねーよ。
おにーさんが死んだとき髪の毛短かったのは別の意味があったんだっての。それいじくったら後半話が繋がらなくなるじゃねーかこんちくしょう。
あれですか。脇役扱いのたつきは無視する方向で進めようって腹ですかそうですか。
しかも一護に恋心あるってのは無しにされてるようですね。単に怖がってるだけじゃその後の展開に無理出るのがわからんのですか。
水色君含め、OPにも顔をだす名脇役たちの存在は飾りですかそうですか。
あいつらいるから話に幅が出来てるんじゃねーかよ、ばーか。

とりあえずあれだ。おめーら原作100回読み直して来い!

なに?原作とおんなじじゃアニメとしての面白みに欠けるって?
久保さんに土下座して謝れこの阿保どもがっ!
おでこの皮が擦り切れるくらい土下座して謝れってんだっ!ヽ(`д´)ノ

緻密に練り上げられて成り立っている原作をなめてるとしか思えないこの暴走っぷりに辟易しております。
そんなお子様騙しの訳判らないオリジナル要素は望んじゃいねーんですよ。
原作まんまじゃ映像的に問題あるのはなんとなく判るけども、よりによって変な妄想織り込まないでいただきたい。

まぁ死神化している時に光の加減が変化していたり、音響効果をつけて同じだけど同じじゃない世界を表現したことは評価しますよ。
一護やルキアから見た場合、死者も生者も区別無く見えちゃってるわけですから。
その辺を音響や光の加減で区別するってアイデアはナイスです。
あとOPとEDの作りはいいと思います。
作品と全く結びつかない曲を採用しなかったところも評価したい。
声優陣のキャスティングに関してはもうちょっと練りこんで欲しい感じはしたけどもまぁそこそこイメージどおりかもしんまい。
雨竜君や今後重要な位置を占める方々の声を聞いてないのでまだこの辺は追求しないでおきましょう。

結局初回からのいきなりのオリジナル要素てんこ盛りな展開のおかげでグランドフィッシャー倒すところまで殆ど期待できないわけですが。
このオリジナル要素のおかげで既に原作からかけ離れてしまってこのあとどう修正するつもりなのか見ものではありますけども。(ぉ

毎度毎度ひどい作りにしてくれるテレ東様にはもう脱帽です。
頼むから原作の地位を貶めるような稚拙な作品作りはやめていただきたい。
無難に日テレ系かフジ系でいって欲しかったけど後の祭りですよね。
深夜枠とかでもよかったからさ・・・・
グランドフィッシャーで一区切りにして別局で仕切り直ししてくれねーものか。
切実に希望したい。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-20 00:36 | その他感想

人の本音。

とある知り合いの家族が亡くなりまして。
それなりに付き合いのあった私は通夜前から顔を出していたんですが。
なんつーか醜いですな。
利権が絡む遺産相続や、水面下で進行していた確執が表面化し始め、普段は温和でひょうきんな私の知り合いも切れ気味(一部の遺族に対して)で時間が進んでおります。
あまりその辺の事情に詳しくなかったものの、今日の通夜の席で何気に観察していたら妙に納得。
あの態度じゃ喧嘩にもなるわな。
どう贔屓目に見ても非があるのは相手方のようで、親族一同から総すかん状態。
これも自業自得ってやつでしょうか。
かくいう我が家も、父親の実の兄夫婦とかなーりのいざこざがあるので人事ではない感じ。
私を含め、父親も今後一切の関係を絶つと宣言しているので既に終結した問題ではあるけれども。
己が欲に走り、周りの意見を遮断し、暴走した結果なんだから自業自得だろ?と思うわけですが。
どうして金銭面が絡むとこうも人は変わるのか。
いい歳こいてみっともねーぜとは思いつつ、将来の自分がこういう立場にならないよう気をつけたい所存でございます。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-14 21:24 | 雑記

こえーと思う。正直に。

知り合いのブログで紹介されていたこのページ→「今からネトゲを始めようとしている人を止めるサイト」なんですが。
要はネトゲにはまってしまった過去を振り返り、その経験から新規参入者を思いとどまらせるためのサイトなんですけども。
多かれ少なかれ、自分にも思い当たる節があって本気で怖いと思ったですよ。
言い訳に聞こえてしまうこと請け合いだけど、私はリアルを捨ててまでゲームに打ち込むつもりは毛頭なく、リアフレとの付き合いも大事にしている(つもり)
そう自覚していながらも心のどこかで「自分は中毒症になっているのではないか?」「趣味の領域を超え始めているのではないか?」と考えてしまう。
平日は毎日ではないにしろ、やることなくてもログインする癖が付いてるし、ゲーム内で話し込んだりして睡眠時間削られているのも事実だからだ。
無論他の趣味もあるからそればっかりってことはないけど、空いてる時間のかなりの部分をネトゲに費やしているという事実。
ゲーム内で構築した人の繋がりも、そこに居続ける理由の一つだし。
先述のサイトで言われてるほどあっさりとしたものなのかどうかは、今の私には判断しかねる。
殆どのメンバーがまだそこに居るからだ。
リアルであったことのある人もそうでない人も、大切な仲間になってしまっている。
過去に出会い、辞めて行った人々も居ないわけじゃないけども、また話をしてみたいなと思う気持ちはどこかにある。
連絡を取る手段もなく、どうすればいいのかは判らないけども。

ネトゲを悪だと言い切るつもりもないし、優秀なコミュニケーションツールだと太鼓判を押すつもりもない。
人によっては距離のとり方を忘れ、この世界に嵌りきってしまう人もいるだろうし、逆にリアルとのバランスをうまく保って趣味の一つとして割り切れる人も居るのだろうから。
ただ、自分も含めてだけど、多少なりとも不安を抱えているのならやるべきではないのでしょう。
韓国やアメリカで社会問題にまで発展した経歴のあるものなんですから。
強い自制心と抑制力がないのならその世界に足を踏み入れてはいけない。
大いなる犠牲の上に成り立ち、大きな代償を支払って残るものはなんなのか。
何も残らないかもしれないし、リアルに反映された出会いが残る人も居る。

どんなツールでも使う人次第だってことを改めて考えさせられました。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-12 00:03 | ゲームとか