カテゴリ:その他感想( 48 )

ということで。

いってきました。映画を見に。

「交渉人 真下正義」
踊る~シリーズの外伝?じゃねーな。なんて言うんでしたっけ、こういうの。
まぁその話は置いといて。
踊る~シリーズは最初のTVシリーズから大嵌りして見ているので、この映画も当然外すわけには行きますまい。
それでも期待感がとても大きかったわけでもなく、まぁいたって普通の心境ですが。

肝心の映画のほうは、前回の映画で警視庁初の交渉人となった真下警部のお話ですな。
映画のタイトルからも判るとおり、彼の交渉人としての仕事っぷりをクローズアップしている内容です。
あまりネタバレになってしまうのもあれなんで詳しくは書きません。
感想としては「まぁ楽しかったなぁ」といったところでしょうか。
エンターテイメント映画としての完成度はそこそこいい線なのではないでしょうかね。
真面目に考察しちゃうと突っ込みどころはそこかしこにあるのですが、そういったことを抜きにして見るべきなんでしょうね。
上映時間2時間ちょっと。
そこかしこにちりばめられた小粒の笑い。見終わったあとの安心感。
個人的には十分楽しめたのでよしとします。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-07 22:09 | その他感想

女弁護士 間宮貴子。

天海祐希は女優として並々ならぬ実力の持ち主であると思うわけですがどうか。
さすが宝塚TOP経験者。
というか舞台出身や舞台経験豊富な役者陣ってのは違うのぅ。
ていうかそんなことはともかくですよ。
前作も面白かったですけどもやっぱそのあたりを踏まえての第2弾か。
前作からちょっと(というかかなり)有名になっている設定ということで、やたらとライバル視してくる対立弁護士や、女性がらみの仕事が増えているのを上手く利用してますな。
内容的には女性が見たほうがスカッとするんではないだろうかというような展開ですが、それもまたよし。
ほんと見てて「こいつは・・・」と思うような男性が策も虚しく負けていく様は爽快なんだろうなぁ。

レギュラー陣の配役はほぼ隙がなく、万全の体制。
毎回登場のゲスト陣も2回目までを見る限り曲者を揃えてきてますな。
今期最も安定しているドラマと予測。
もちろん欠かさず見ますよ。天海祐希も好きだしね。
[PR]
by noscom-1st | 2005-04-26 22:16 | その他感想

倉本 聡。

この人の書く脚本は人の優しさがいつもあふれていると思うわけです。
そんなわけで今回放送されていた「優しい時間」も人の優しさがあふれるいいドラマでした。
端的に言ってしまえば父親と息子がお互いの絆を取り戻すだけのドラマでしょうけども。

母親の死を通してお互いが離れてしまい、そのことを悔い悩んでいる二人が中心となり、そこに関わってくる人々を通して少しづつ何かを取り戻していく、ゆったりとした展開と、北海道独特?の優しい空気がこのドラマの全てでした。
登場人物の細やかな心境描写や、倉本脚本独特の間を取った演出。
ともすれば北の国からと比較してしまいがちでしょうけどもそれは無粋というもの。
同じ親子というテーマが根本にありながら描こうとしているものは別のことなんですから。
初回から通して急激な展開もなく、じっくりと話を進めてくれたおかげで、見てる側としても落ち着いた気持ちで見れました。
昨今、どきどきするような演出や過剰なまでの展開描写等が主流となる中、じっくりとメインテーマを描き出すこういったドラマは貴重な存在です。
テレビ的には数字が取れてなんぼの世界なんでしょうけども、そうじゃないものも大切なんだということを忘れないで欲しいですね。

倉本さんの代表作というか代名詞ともいえる北の国からのようにシリーズ化されるような話ではないと思いますが、この物語の数年後を見てみたい気持ちがふつふつと沸いてきてしまいました。
[PR]
by noscom-1st | 2005-03-24 23:23 | その他感想

ドラマ感想その2

今日終わったもの。
救命病棟24時ともういっこなんだっけ。
まぁいいや(ぉ

救命病棟のほうはなんつーか熱いですな。
あまりにも臭いことを平然と言ってるけども、やっぱ感動してまう。
大都市型震災が起きたとき、その医療現場では何が起きているのか。
フィクションも大いにあるだろうけど、まぁ近い状態なんでしょうな。
実際の現場の人間たちがあれだけ熱く動いているかといえばそんなこともないかもしれない。
けど、もしこの先ドラマの中のような大型の震災が起きたとき、自分たちが何をすればいいのか見えたような見えないような。
医者の増えすぎが世間的に問題視されたり、色々とありますけども。
救命医師の皆様にはほんとがんばって欲しい。
あ、なんかドラマの感想じゃないねこれw

もう一個の国仲涼子ちゃんの出ていたほうですが。
これまたつまらないという意見が多かったものの、心の温まるほんわかしたいい話だったと思います。
勉強勉強で必死になっている子供たちに勉強以外にも大切なことがあるってことを教えていくだけだといわれようと。
そういう教育を目指す教師の方々が果たしてどれだけ現存しているのか。
甘っちょろい親に過保護に育てられ、ゆがんだ成長を続ける子供たちと、そんな土壌を生み出した現代教育に控えめながら意見している感じが非常によかったです。
よしんば、こういった気概を持った教師が増えてくれることを願いたいですな。

あさっては倉本さんドラマの最終回(だったはず)
こちらも緩やかながらいい展開を見せているので楽しみですな。
[PR]
by noscom-1st | 2005-03-23 00:37 | その他感想

太郎ちゃんその後。

無事手術も終わり、金曜日に帰ってきました。
まだ痩せたままだけど元気に部屋中を跳ね回っております。
そして入院前より人懐っこくなって帰ってきました。
可愛いったらありゃしない(*´д`*)
[PR]
by noscom-1st | 2005-03-13 00:46 | その他感想

そういえば。

他のみんなのブログにリンクを貼ろうかと画策しておったんですが気がついてしまった。
エキサイトブログはエキサイトブログ同士でないと簡単にリンクが貼れない構造になっている!

・・・
・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・あきらめてもよかですか?

方法としてはメモ帳(今私のプロフが書いてある場所)を使ってリンクを手動で作ればいいらしいんですが、それやるとプロフ書く場所がなくなってまうわけです。
まぁたいして重要なことが書いてあるわけでもなんでもないけどさ。
このサイトデザイン構築したときに全体のレイアウトの一部として頭ひねって書いただけに消したくないっつーだけなんですがw
まさかリンク貼る程度のことで別のサービスに乗り換える気もないしなぁ・・・
というかライブドアのブログなんか使いにくそう。
てかコメント書いてからの反映が遅かったり、閲覧する場所によってキャッシュの状態がえらく古く固定されたりとあんまりいいイメージありません。
こころぐは有料だった気がするし。
ここもネスケで読み込むとデザインが崩れたりすることもあるから、抜群にいいわけじゃないんですけども。
cgiやphpでサイト構築できれば自分で作っちゃうのが一番なんだというのはわかってますけどもねぇ・・・
なんせHTML位しか使えませんからっ!
しかも最近じゃ手打ちで作業するの嫌でソフト頼りですからっ!
おまけにその作業すら面倒になってLSのサイト再構築放置してますからっ!

ヤルキナサオデゴメンナサイ_| ̄|〇
[PR]
by noscom-1st | 2005-02-04 01:03 | その他感想

ドラマ。

いつものことですが今期もたくさんドラマを見ております。
月曜日。「不機嫌なジーン」
火曜日。「救命病棟24時」「みんな昔は子供だった」
木曜日。「優しい時間」
土曜日。「ごくせん」
日曜日。「Mの悲劇」

オオスギデスカ?
どれも本腰入れてみるというよりはゲームしながら見てるのですけどもね。2画面機能万歳ですな。
とりあえず今期の作品に共通して思うことはですね、飛びぬけた良作がないってことです。
それなりに楽しんではいるけど、これだっ!と思える作品が一つもないっす。
落ち着いて見られるという意味ではとてもいいのですが。
役者さんの演技で注目してみると、大物とか実力派が多数出ているわけですが、いまいち演技が浮いてる方々もちらほら。
誰とはいわねーですがね。

しっかしこうやって並べてみるとフジ大好きっ子だな、私(´・ω・`)
[PR]
by noscom-1st | 2005-02-03 23:14 | その他感想

ウマーーーーーーーーーー(=´∇`=)

ハーゲンダッツ期間限定品の「カスタードプディング」と新製品の「エスプレッソ」っす。
「リッチミルク」がレギュラー化していることも見逃せない事実ですけどもね。
ハーゲンダッツの素晴らしい所は味のネタになる物の雰囲気を壊さずに商品化しているところにあると思うわけですが。
ただ甘いだけのアイスではなく、風味にあった味付けが基本なので、やたらと甘いチョコレートとか、色が緑なだけのグリーンティとかでないのがとても嬉しい。
まぁ風味を生かしすぎてこれはいかんだろとか思うものもたまにはありますけど、基本的にはあんまりはずれがないし。
タバコ一箱分に匹敵する値段は財布に痛恨の一撃を与えてくれはりますけども多分一生やめなさそうです。
だっておいしいんですもの。
[PR]
by noscom-1st | 2005-01-27 21:08 | その他感想

激しくつまらん・・・・・・・

せかちゅー映画版なんですけども。
2時間ちょっとで語られていることもあるんだろうけど、なんかサクと朔ちゃんの独りよがりな思い出話にしか見えんのだ。
在りし日のアキがどう思っていたのかとか全然伝わってこない。
おまけに現代の彼女である律子の苦悩の思い出とかの方が際立ってメインヒロインはアキじゃないの?みたいな。
それでも若き日のサクを演じる森山君や、アキを演じた長澤さんはとてもいい感じではあった。

急ぎ足で描かれた若き日の思い出は、徐々に距離を詰めていったはずのお互いのどきどきとかは描かれず、出会いの次のシーンからはもうラブラブというなんか腑に落ちない感じではあったものの、まぁそれを差し置いてみればとても丁寧に描かれているとは思う。
サクの親友である幼馴染3人がほとんど出てこないのとか、サクとアキの両親ですら全然出てこないから、アキの白血病発覚後の展開がとてもざっくばらんに描かれている気もしますけども。
本来は白血病発覚前と後の幸せに向かう展開から未来の見えない不安に包まれた展開との対比が泣かせるポイントになっているはずだったのにその辺全然伝わってきません。
あれだけの役者を揃え、演技面ではほんと文句のつけようがないのに、肝心のストーリーがこれでいいのか。いくねーよな。

この映画のクライマックスでもあるオーストラリアもそうだった。
そもそもオーストラリアに行く約束のあたりから違和感があるというか無理があるというか。
アキがオーストラリアにあこがれる経緯の描き方が未熟で、とても幼稚なんだもの。
その約束を守ろうとして現在でオーストラリアに向かうわけですけど、最後の最後、アキとの約束をようやく果たせた朔太郎が何であんなすがすがしく笑顔なのかも伝わりきらないし。
なんつーか単純にようやく忘れてもいいといわれて開放されてラッキー。位にしか見えない。

ドラマ版では現代の朔太郎はアキとの過去を思い出にすることができず、非力だった自分を責め続けて苦悩していたけど、映画版の朔太郎は過去の出来事に目をそむけ、思い出を封印して生きているように見えるからなのだろうか。
まぁどっちがリアルなのかといえばおそらく映画版なんだろうけども。
誰だって本当につらい思い出はなるべく思い出さないように生きていくのだろうし。
でも納得いかない。

こうやって感想を書き出していくと改めてドラマ版のすごさを感じる結果でした。
映画版は比較的原作に忠実な展開だったそうなので、もう原作を読むことはないと思われます。
ていうかこの程度の話で世の皆が泣き崩れ、ベストセラーになったのかがちっともわからん。
これじゃただのつらい過去を背負った男の独りよがりな思い出話でしかないじゃんか。
わたしがせかちゅーに心底ほれ込んだのは、中心となる二人の気持ちと、その二人にかかわる人々の想いがとても丁寧に描かれていたことが最大の理由だったというのにね。
同じ原作をもってして、ここまで描かれる世界が変わるのかと痛感する結果でもありました。
まぁ時間に制約がある映画と、かなりの自由が効くドラマじゃ比べるのも悪い話なんだろうけどさ。

あーあ。無難にスタンダード版を買って置けばよかったかな・・・・・
[PR]
by noscom-1st | 2004-12-30 20:00 | その他感想

わからん・・・

GUNDAM SEED DESTINY

第1回目をなんとなく見て以来、久しぶりに見たんですけども。
全然話がわかりませんでした。
前作であるseedから引き続きの話のようなので当時のキャラも出てきてるんですけどもね。
なんか覚えていたのと立場が違っていて大混乱。

前作の終盤ではたしかキラとアスランは同じ勢力に所属していて、お互いラクスとカガリとよろしくやっていたような気がしたんですが。
たしかザフトからも地球連合からも独立してオーブとおなじ中立の立場で戦っていたのは気のせいだったのかなぁ・・・
まぁ前作も全部ちゃんと見たわけではないけども。

そんな記憶を踏まええて今回見てみたらですよ。
キラはオーブで静かに暮らしている→納得。
アスランはなぜかザフトの軍服を着ている→えぇ!?。
カガリはオーブの代表者になっている→だよねぇ。
ラクスはザフトの戦艦に乗っている→おろ?。
たしか1話でアスランとカガリは一緒にいたよなぁ・・・何がどうなってるんだ?
おまけにキラとラクスが何で別々に過ごしているんでしょうか?意味不明。
元館長だとかもチラッと出てきて、新作なんだかただの続きなんだかよくわからん。
まぁちゃんとストーリー把握してりゃもうちょい面白く感じるんだろうけども。
いまさらseedの最初から全部見直してまで追いつくのはちょっと面倒だと思うわけです。

しかし・・・・このキャラデはなんとなく好きになれんなぁ・・・
ついでにいうとメカ系のデザインもお子様っぽくてなんか好きになれん。
オールドタイプのガノタなんで、こうなんというかヒーローチックなデザインとかよりも機能的であったり機械的なデザインのほうが好きなんですよ。
Sentinel シリーズを超えるデザインはもう出てこないのかねぇ・・・
[PR]
by noscom-1st | 2004-12-25 19:08 | その他感想