なんとなく

日々の仕事の中で、車で移動している時間がわりとあるんですけども。
そんな時決まって流れているのは地元FM番組。
普段音楽と接する時間が極端に減っている私にとって、大切な情報源でもあり、仕事のイライラを紛らわすためのカンフル剤でもあり。
当然のごとく流行ものの歌も流れていれば懐かしい曲も流れる環境なんで、飽きることなく楽しんでおります。

今日も移動の合間にラジオを聞いてたわけですが、たまたまRCサクセションの曲が流れてまいりました。
私が生まれる以前のバンドであるのですが、ちょっとしたきっかけで高校時代どっぷりはまってました。
当時の恋愛や、学校の仲間との思い出が頭をよぎり、しばし感傷に浸りつつ。
んでもって同時に思ったことがひとつばっかり。
数多ある楽曲の一つ一つに、聴く側の想いが残り、記憶と共に焼き付けられる。
その曲を聴いただけで関連する出来事を即座に思い出すトリガーにもなり。
人々の想いと共に残り続ける音楽っていったいなんなのでしょうか?
・・・まぁいくら考えても正しい答えなんて見つかりませんけども。

自分で曲を書いたり詩を書いたりすることは出来ないし、積極的に音楽を聴こうとする情熱みたいなものは無くなってしまったけれども、これからの人生も音楽を傍らに歩んでいくのかなとちょっとしんみり考えてしまった秋の入り口でした。
[PR]
by noscom-1st | 2004-09-04 02:24 | 音楽とか
<< ちょっと油断すると ガノタ。 >>