なんだかなぁ・・・・

夏ドラマもいよいよ佳境に入ってまいりました。
あれこれ展開が忙しくなり、面白くもあり一番しらける時期でもあります。
そんな感じで終盤目前プレビュー。

東京湾景
仲間さんは可愛い。
つーか展開の話ですよねw
んとですね、今週分で実は兄弟だった!みたいな展開はまぁあるだろうなと思ってました。
だか予告を見る限りこれも真実ではなさそう。
するといったい本当の父親は誰なんだろうか・・・
まるで関係ない人が出てきたらある意味ボーゼンだけどもw

ウォーターボーイズ2
前作までと違って周りの人間にハプニングを起こさせる方向できましたかそうですか。
まぁこれはハッピーエンドなのが判ってるので安心して見れますな。
とにかく最終回のシンクロが見たいだけなので(ぉ

君が思い出になる前に
もーなんつーか今期ドラマの中で一番ダメ。
主役の一人である観月ありさの演技が見てらんないほど不安定。
周りの俳優人の頑張りが全て打ち消される感じだす。
話の大筋は面白いのにもったいねーよなぁ・・・
もう完全に惰性だけで見てますねw

人間の証明
やはり原作を知らないで見ているのがいいのか、楽しくて仕方ありません。
大まかな犯人も判り、後は何故こうなったのかの動機や背景が解明されるのを待つのみ。
見逃せないです。

世界の中心で愛を叫ぶ
こんなことなら見るんじゃなかった・・・_| ̄|〇
なんつーか毎回感情を揺さぶられまくりです。
人間は誰でもいつか死ぬ。
だけど目の前の大事な人がもしいつ消えてしまうかも判らない状態になってしまったら・・
若さゆえに自分を見失い、それでも何かをしてあげたいと奔走するさくちゃんに感情移入しまくりなわけです。
そして二人を取り巻く周りの人々の暖かさ。
もうね、これ見て泣かないでいつ泣けっていうんですか。
幸いなことに映画がロングヒット上映中なので、最終回見てから映画も見ようかなと思ってます。
んでもって小説を読んでさらに深みにはまろうかと。

逃亡者
主演の江口さんに惹かれて見始めたんですけども。
過去何度も映像化されてるし、あまりにも有名なこの作品。
現在のアイテムをうまく取り入れ、話の流れも時流に合わせて変えられているようで。
真犯人だと思った人物があっさり死んでしまったり、その次の回であっさり実行犯がわかっちゃったりw
今回の映像化に当たっての話の肝は「面子を守ることだけしか考えていない警察上層部」と「それに抵抗しつつ真実を見つけようと奔走する人々」の対立構造なのではないかと冷静に分析してみたりなんかして。

残り数回。
見始めたものは一応最後まで見届けようと思います('◇')ゞ
[PR]
by noscom-1st | 2004-08-31 22:52 | その他感想
<< 気が付けば。 岡本真夜 >>