惹かれるもの

自分の感性で「美しい」と思うもの。
例えばそれは天野喜孝さんの絵であったり、日本刀を含む和製武具だったり。
思わず動作を止めてしまう歌声であったり、引き込まれそうになる映像だったり。
分野もさまざまですが私の心を一瞬でも捉えてしまったもの達。

知的好奇心をそそられるもの。
主にドラマや映画、アニメや漫画といった視覚に訴えるものや小説といった文字媒体に多いですが。
何かを見たり読んだりして、頭を働かせる作業?は常にとまでは行かないものの、どこかしらで欲求するものでもあります。
でも学校のお勉強はどちらかというと嫌いでしたが。
学校で教わる立場から開放されて改めて教科書や問題集を見るのは楽しいものだと最近気がつきました。
押し付けられたものではなく自主的に取る行動かどうかというのがポイントのようです。

両極端にあるとも言うべき自然の素材と、無機的な物。
木や緑のもたらす安らぎ。
意思を感じることのない機械的な物質。
対極にありながらも私の中で混在する共通認識。

走るという行為。
引き継がれた血筋か、それとも独自に生まれ持ったものなのか。
ドライブシートに体を沈め、ステアとシフトを握ることだけに集中するあの時間。
決してプロ級ではない、普通の人の域ですけど無性に愛しい時間。
誰かに邪魔されず、一人で運転するのが一番好きなんですが。
そのための2シーターでありスポーツタイプなんですが。

そして自分の欲求に対して比較的素直に生きている私はこの結果笑っちゃうほどの散財家でもある事実。
オカネッテドウスレバタマルノデスカ?_| ̄|〇
[PR]
by noscom-1st | 2004-08-26 01:35 | 雑記
<< やる気。 そういえば。 >>