食のために生きるか、生きるために食すか。

何気に従姉妹に言われたことなんですが。
ふけーとか思っちゃいました。
この名言をほざきました従姉妹ってのは只今カナダにて学生生活送ってる子なんすけども。
その子曰く「私は今、生きるために食べている。だから味とか外見は二の次。お腹に入ればなんでも一緒」なんだそうです。
そこいくと私は「美味い物食って死ねるなら本望」とか普通に考えちゃってる人な訳で。

ついこの間まで帰国していて、何を思ったか実家ではなく我が家で休暇を過ごしていたんですな。
我が家は昔からそれほど金持ちとかではないくせにやたらと高級食材が集まる家でして。
反感買いそうな内容なので省きますが。
結果若くして味に五月蝿い人間が育つわけですな。
食事に関しては嘘はつかない主義なので、不味ければ不味いと声を大にして言います。
味付けがおかしければ指摘するし、ああしろこうしろとおまけもつけて。
我が母親は料理関係の仕事をしていたにもかかわらずその辺いい加減です。
んで毎晩の食事でもめる訳ですよ。
それを見ていた従姉妹の口から出たのがタイトルの台詞です。

結局何が言いたかったのかというと、「一度きりの人生。あなたならどちらが幸せだと思いますか?」って事です。




・・・・・・・マトマッテネェ _| ̄|〇川
[PR]
by noscom-1st | 2004-06-23 23:06 | 雑記
<< 始まりの場所。 晴れた空。すがすがしい空気。 >>