鈴木島男について。

思いっきりベタなハッピーエンドでしたが。
まぁ別に不幸な話とか波乱万丈な話を求めていたわけではないからこれでいいのです。

現実としては、ある程度短期間にして財を成してしまうとお金の力に惑わされてしまうわけでして、その魔力に惑わされたまま正気に戻ることは難しいわけですが。
そういうことを含めて大いに皮肉ったシナリオはかなり好感度高かったっす。
この手のシナリオは舞台を変えて何度もすり直しされてきたものでもあるし、見飽きたと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、今回は丁度話題になっている?IT企業を舞台にしたことで一般受けも良かったんではないでしょうかね。

問題としては、タイトルが「恋に落ちたら」なのにちっとも恋愛関係のエピソードが充実していなかったことくらいですか。
主人公である鈴木島男と、対峙する立場の高柳との対比に多くの場面を費やした所為なんでしょうが。
タイトルと中身の食い違いが気になりますが、シナリオの書き方としてはこの線でよかったと思います。

んで次は電車男ですね。
予告見る限りじゃものすごくハズレっぽい予感。
来週給料でたら映画だけでも見ておくかなぁ・・・
[PR]
by noscom-1st | 2005-06-23 23:13 | その他感想
<< ミュージカルバトン。 どうやら。 >>