大航海時代微妙に小言。

Lちゃんのブログを見ていれば判ると思いますが、私もそこそこに育っているわけです。
となると行動範囲が広がり、危険海域と言われるPvP可能領域にもちょくちょく行っているわけですが。
ここで問題が一つ。
危険海域では本人の意思如何に問わずPvPが可能であると言う事実。
つまり何の準備もなしに突然PCから襲われることがあるわけです。
まぁ航海をメインにしたゲームである以上、私掠海賊を生業とする方が居るのも解りますし、そこを否定するつもりもないんですが。

現状のPvPシステム(と言うか私掠行為)が、襲われる側が圧倒的に不利なのがなんともむかつくわけです。
ゲーム中登場できる船は大きく分けて2種類。
風を利用して航海する帆線型と、人力の操漕で航海するガレー型。
私やLちゃんのような海事系職業ではない人は、船倉や長距離航行の性能面から帆船を愛用する傾向にあるわけです。
んでもって海事系職業の人は戦闘力に特化したガレーを愛用するのが一般的。

ここで質問。
船員数、スタートダッシュ、砲撃の威力に優れる大型ガレー船と、一般的な帆船ではどちらが強いでしょうか?
聞くまでもありません。ガレーですな。
んでもって私掠海賊が愛用するのはどっちでしょう?
これも聞くまでもなくガレー船。

基本的に戦闘に突入した際と戦闘終了後に一番重要なのは如何に早く動けるか。
万が一襲われたと仮定し、上手く逃げたとします。
けどもその初期移動力の差でまたすぐさま襲われて以下ループ。
戦闘終了後の無敵時間が切れる頃には追いつかれて襲われての繰り返しです。
つまり襲われる側は沈められるかエリアを切り替えられるまで延々追いかけられる。
・・・まぁ相手が粘着君だったらの場合ですが。
しかも船のランクと積んでいる砲台の性能差により、大型船には大型船以外では張り合えないという現状があります。

現状の大半の私掠海賊やっている人は自分は大型船、襲う相手は中型船以下でという暗黙のルールが存在しています。
これすなわち埋めがたい戦力差と追う側有利なシステムを逆手にとってすき放題暴れているわけですよ。
まぁこういった輩の大半が戦闘慣れしていなくて簡単に逃げられるからまだ救いようがあるものの、ペナルティの低さから私掠海賊転向するプレイヤーは後を絶ちません。
東地中海やアフリカ北西部といった、初期海域のすぐ隣で暴れまわる素人私掠海賊の皆様のおかげでずいぶんと航海しにくくなりました。

私掠海賊禁止とかはいいませんよ。けども襲われる側にももうちょっと救済余地のあるシステムに改築してもらいたいものです。
もしくは私掠行為に対するペナルティをもっと厳しい物にして下せーな。
インド方面まで行くようになれば危険なのは重々承知。てかむしろそうでなくては面白くないけどもさ。
せめて初期海域付近位はのんびりと航海して遊べるようにして欲しいもんです。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-18 02:29 | ゲームとか
<< いいもの。 FFVII AC。 >>