イベント。

Lちゃんのブログにも書いてありましたが、大航海時代のイースターエッグハント挑戦しております。
この手のイベントにしては敷居が低く、名声値300あれば誰でも参加可能(ただし入港許可しだいで参加できる範囲は限定)で、スキルもなーんも必要ないお手軽イベントなので。

参加した日がすでに開始よりある程度経過していることもあり、イベント攻略情報は結構あっさりと揃いました。
まぁこのイベントの性質から言えば、情報なしで自力で謎解きした方が面白いんですけどね。あんま時間もないということで勘弁してください。

んでどんな風に進めるのかというと、各地に散らばったイベント用NPCを見つけてヒントを聞きだし、そのヒントを元にアイテムを拾いにいくというものなんですけども。
例えばですがこんな感じ。
開始国の一つでもあるロンドンのNPCがくれるヒント
「黒い水たまりと言う名前の街より北の地 上陸地点より西 イースターリリーの下に卵は眠る」
こんな感じで抽象めいた表現をされた場所を特定して現地まで行くわけです。
この場合「黒い水溜り」という意味を持つ名前の街=プリマスなんで、この町から地図上で北にある上陸地点を探します。
まぁ若干遠くはありますが上陸地点まで移動したら次は陸上探索。
ここで続きの部分「上陸地点より西」と「イースターリリー」を頼りに探索するわけですな。
ヒントどおりに西へ進んでいくとやがて白い花(イースターリリー)が集まって咲いている場所が見つかるので、そこをクリックすれば無事目的のイースターエッグが貰えます。

こんな感じで全15箇所の探索をすれば最後にヴェネツィアの特殊NPCからご褒美がもらえる寸法なわけです。
まぁ全てのヒントがこういった探索指示ばかりでもないので、本来はその都度頭をひねって答えを導き出すわけですけども。
ちなみに現状開放されているエリア全てに散っているので、コンプするにはそれなりに進行度高い人じゃないと無理です。
ただ、何も情報を集めないで仲間とあれこれ考えながらイベントを進めることを想定した場合、とてもよく練られたイベントだと感じました。
実際の史実や由来に基づいたヒントは当然ぐぐったりすることで簡単に見つかりますけども、こういったゲーム外の部分に頭を使うのって面白い試みかなぁと。
全てのルートを最短で結んだ場合ですが、ロンドンから始めてセビリアで終われるように配置がしてあったりします。
まぁ頑張って集めてもイベントの景品がそれほど高価なものでもないので、アイテム目的の人は激しく不満でしょうがね。
人と遊ぶことをちゃんと考えて作られている分、某FFのイベントとは違うのだなぁと痛感しましたです。
[PR]
by noscom-1st | 2005-05-02 02:07 | ゲームとか
<< サボり癖。 外的要因による脳の変化について... >>