久々ドラマの感想をば。

ぶっちゃけ今期のドラマはどれも元気がなくて、「ごくせん」が一人勝ちみたいな状態になってる気がしたりもしますけども。

日曜に「Mの悲劇」が終了。
序盤は稲垣君のコメディめいた演技が?って感じでしたが、中盤から悲劇の根底部分へと話が進み、それなりに面白くなっていたのに・・・
なんか安っぽい終わり方でがっくり。
ていうかそんな綺麗に全部が繋がるもんか?って無粋に突っ込んでしまった。
いくらなんでも無理やりすぎる感が漂っていたのは気のせいじゃないはずだ。
このドラマのテーマにもなっている「人は知らず知らずに誰かを傷つけて生きている」ってのはものすごく共感していたんですが。
テーマとかがよかっただけにもうちょいがんばって欲しかったなぁ・・・と。

今日、久々に月9枠最低記録を更新中ともっぱらの噂の「不機嫌なジーン」も最終回手前でしたが。
役者だけでシナリオ最悪とか、よくわかんねーよって話を聞きますけどそれほどでもないと思います。
まぁ確かにメインキャラや舞台が生物学者とか大学研究室周りとか一般的にあまり縁のない設定だから悪いのか。
けど私が普段接している教授といわれる人や、研究室勤めの人達はどっかずれた人たちばっかりなのであまり違和感なかったんですけども。
頭が固くて人の意見聞かないのも特徴だし。
そういった中での恋愛を描くとああなるってのは予想の範疇です。
ただ、作中のヒロインの落ち着き所をどうしたいのかが不安定に動いたり、劇的な演出もない平凡な作りだったのがマイナス要因になっているのではないかと。
けどある意味急な展開とかもない分、落ち着いて見れるいい作品だと思ったわけです。
竹内結子の演じる頑固で意地っ張りだけど結局教授が大好きなんですってキャラも可愛く描かれてると思うし。
最終回、どんな風になるのかわかりませんけどまぁいい終り方になることを期待。
[PR]
by noscom-1st | 2005-03-21 22:25 | 雑記
<< ドラマ感想その2 堀江モン。 >>