超久々。

FF X-2以来実に約一年ぶりにゲーム買いますた。
前にも書きました「シャイニング・ティアーズ」ですね。

キャラデやってるtonyさんが好きな上にシャイニングプロジェクト復活?記念なので評判云々抜きにして欲しかったんですがw
え~とりあえず今作の目玉でもある「本陣」システムが使えるようになるとこまで進めてみました。
この「本陣」システムってのは要は作戦会議場所ってことなんですが。
「本陣」→「戦闘地域選択・戦闘」→「条件達成・帰還」→「物語進行」以下ループって流れになってるのですよ。
「本陣」が使えるようになると過去に攻略した戦闘地域でフリープレイが出来るので、好きなキャラの組み合わせで出撃可能。つまり主人公を外して遊べるわけですね。
そこにたどり着くまでは戦闘参加キャラは強制だし、途中で撤退とかも出来ないので厄介なのです。
まぁ、おかげで各キャラの特長つかむいい練習にはなっているんですけども。

戦闘は基本的に主人公&パートナーの二人だけで行うので、油断すると敵の大群に囲まれて袋叩きですw
小さめのエリア内に敵多数、こちら二人だけという素敵な配置で戦ううえ、基本的に時間が流れっぱなしなのでゆっくり構えてる場合ではないようです。
敵はある程度近づくかこちらから攻撃を加えない限り追ってこないので、いかに少数に絞って叩いていくのかが重要っぽいかんじ。
パートナー次第で戦略ががらりと変わるし、敵の種類によってはこちらもパートナー選択間違えると命取りになる場面もありつつ。
単調な戦闘が続くわけではないこういうシステムは好みです。
戦闘中に行えるコマンドは結構多いし、一人で2キャラを制御する必要があるので、慣れるまではちょっと苦労しますが、戦闘そのものは爽快感を重視して作られてるイメージが強いですね。
たった二人で50以上いる敵をなぎ倒していくので、大技つかって一気に倒すとものすごい気持ちいいです。

成長システムは最近流行?のレベルアップ&スキルポイント割振り型なんですけど、レベルアップで習得できるスキルポイントが固定されているので、全数値を最大にすることは出来ず、キャラへの愛着と性格が反映された育成が出来そうです。
また、極端に偏った割振りをすると戦闘が逼迫するようになっているので、ある程度バランスを見つつの強化が前提となるようです。

まだまだ序盤もいいとこなのでストーリーがどうとかって感想はないんですが、全体を見てみると気持ち気になることがあります。
まずローディング頻度。
別エリアに移動してはロード。戦闘開始してロード。イベント進行してはロード。
セガの他のPS2プラットのものでも言われてますが、やたらとローディングする回数が多いのがなんとも。
もうちょっとさくさく進めてもよさそうな感じがする箇所も何個かあるので、こういうところはもうちょっと気を使って欲しかったかなと。
あと、非戦闘中に移動する時、ダッシュできるようになっているのですが効果がちっともわからん。
てかキャラが早送りなってるだけであまり速度上がってないような気がw
大きめのイベントと戦闘中の掛け声以外にキャラが全くしゃべらない。
まぁ容量的なものもあるので仕方ね~んでしょうが。
その割には声優さんに力入れてる雰囲気なのでもうちょっとがんばれよ、と。
前編しゃべられてもなんかむかつくんだけど、少し寂しい感じ。

そうそう。このゲームは装備は基本的に買うよりも鍛冶屋で鍛える方向で進めていくんですが、素材の組み合わせや効果等の情報があまりにもゲーム中に不足している雰囲気。
物語が進行するとその辺も解決されるのか疑問なままなんですけども。
結構素材数もあるし組み合わせ考えたら膨大な量になってしまうので、ちょっとしたヒントくらい提示して欲しい気もしますな。防具はともかく武器は強化でしか強く出来ないので。

とまぁ思いつくままざくっと書いてみたわけですが。
総評としては「概ね満足している」でしょうかね。
不満点はありますが、他の好感度のほうが高いのでチャラということで。
少数対多数って言うと無双シリーズが思い浮かぶのですが、あれほど一度の戦闘に時間が取られないのもいい感じかと。
今のところ最長戦闘時間5分以下ですw
エネミーカード収集や、キャラの育成、戦闘評価等やりこみ的要素も含んでいるのであんまり飽きないですね。
そこのDQ8買おうとしている人。
それまでのつなぎでもいいから騙されたと思ってやって見なさい(ぉ
結構面白いぞwwwwww
[PR]
by noscom-1st | 2004-11-04 01:30 | ゲームとか
<< おほほほ WEBカメラ。 >>