イノセンス。

某週刊誌で連載している漫画の対アクマ武器の名称じゃねーです。
映画のほうね。
公開時、なんだかんだで見ることができずDVDになるのをひたすら待っていたわけですが。
スカパー及びDVDで展開しているS.A.Cや2ndとはまるで繋がりのない世界設定でのお話なわけですけども。
映画版の攻殻はもうシリアス一直線だわ難解なストーリだわでとても一般受けするものではありませぬ。
単純に映像の美しさを味わうってのもありでしょうが、ここは一つじっくり腰をすえてこの物語を読み解く方向で楽しんでみませんか?あ、やっぱりイヤデスカソウデスカ。
1度目を見終わった時点の感想としては「気が付いたら終わっていた」ってことでしょうかね。
まぁ引用が多くそれらの意味を理解していかないと話の展開やキャラクターの思考が見えてきにくいので致し方ないのですが。
そういう意味とは別に映像技術の発達に純粋にのめりこんでしまっただけでもあったりしつつ、冷静に観賞していませんでした。
G.I.Sの時もそうだったけど、最初の1回で大まかな提示を見届け、2回目以降の観賞でそれらを自分の中で消化していく過程が出来るので、間を空けずに近いうちにまた見ておこうと思います。

そういえば見ていて少し気になったことが一つだけ。
攻殻に限ったことじゃないんですが、日本アニメの映画ってのは、なんかシアターサラウンド環境で見てると台詞が聞き取りにくく感じるんですが。
G.I.SもそうだったしAKIRAもそうだったし。
これは意図的な音バランスなのか、うちの環境が悪いのか。
どっちにせよはっきり聞き取れるレベルにするためには近所迷惑顧みず大音量にしないといけないのが辛いとこです。

話は変わって。
イノセンスは3種類のパッケージで発売されているのですが私が買ったのはDOG BOX(前にも書いたけども)
確実に手にするためにタワーレコードのネット通販を利用したんですが、なんかおまけにDVDが付いてきますた。
G.I.Sとイノセンスを繋げるための解説とイノセンス観賞後にこの話を読み解くためのヒントが描かれた2編が入ったものなんですが。
これって通常つくものなのでしょうかねぇ・・・
予約したことに浮かれまくってその後何にも調べてないので情報がないんですよ(ぉ
まぁ儲けもんだと思ってほくほくしてるからどうでもいいんですがw
あとメインのおまけだった犬のオルゴール。
ピンときた人も居るでしょうが作中に出てきたあのオルゴールをイメージしたものです。
上に乗っかっているのはバトーの飼っている犬がモチーフですけどね。
こっれまたかなりしっかりしたつくりでおまけの域を超えてる感じがしなくもないです。
普通に部屋に飾ってもいいインテリアになるのではないかと。
あ、オタク的思考で言ってみただけですスイマセン。
[PR]
by noscom-1st | 2004-10-21 00:20 | その他感想
<< 年末に向けて BREACH >>