松たか子

本業は俳優であるし、歌手活動が目立ってすごいわけでもないんだけども。
この人の歌声はなんだか存在感がありますな。
舞台でミュージカルとかやってることもあって普通に歌うまいし。
本人のコメントに、歌手としても俳優としても両方に魅力を感じているから、できれば両方を続けて行きたいってのがあったんですよ。
まぁTV ドラマなどで脚光を浴びると、一時的な人気に物言わせて歌手デビューしちゃったりする風潮がある中、そんな一時的なものが長続きするはずもなく、大抵の場合歌手活動はなかったことにされてしまう昨今。
例えば織田裕二とか反町隆史とか。
柴崎コウのように驚くべき歌唱力を披露して、どっちが本業なのかよくわからなくなっちゃう人も居たりするんですけども。
何が言いたいのかっていうと、俳優出身の歌手が認められる瞬間ってことなんですよ。
自分が出演する作品で曲が使われるなんてのは正直当たり前のことだし、実力でもなんでもない、商業的な意味合いが強いんですが。
このたび松たか子さんの歌う曲がドラマの主題歌に抜擢されました。
自分が出ているわけでもなく、間のCMの出演しているわけでもない、全く関係ない部分での抜擢ですよ。
つまりこの主題歌に抜擢された瞬間、「歌手松たか子」ってものを認められた瞬間だと思うわけです。
ドラマの主題歌ってのはその作品にそぐわない物を使うことを極力避ける方向にあり、既出の楽曲から選ばれることもあれば、製作サイドの好みで新たに発注されたりするわけです。
出演者に歌手活動をしている人が居れば力関係が働いて使うこともあるわけですけども。
女優として結構知名度も高く、舞台等で着実に実力を伸ばして頑張っている松さんですが、歌手活動においては大きなプロモーションをすることもなくどちらかといえば地味に活動を続けていました。
けど歌手デビュー当時から歌唱力もあり、自ら作詞したり恵まれた楽曲を提供されていたこともあり、並みの歌手以上に輝ける何かを持っていたのも事実。
それが今回のドラマ主題歌抜擢という形で認められたのがとても嬉しいっす。
本人がどう感じているかはわかりませんけども。
[PR]
by noscom-1st | 2004-09-12 02:53 | 音楽とか
<< プロマシアの呪縛 ちょっと油断すると >>